20代のいま、やっておくべきお金のこと

NO IMAGE

どうも、こんばんわ。
今晩ご紹介する本はコチラ!

20代のいま、やっておくべきお金のこと 20代のいま、やっておくべきお金のこと
(2004/05)
中村 芳子

商品詳細を見る

◎きっかけ◎
本書を手に取ったきっかけは、
株を始めようと思い、
株の本を買いあさっていたときに、
たまたま目についたため、
ちょっと中をのぞいてみたところ。
絵や図、チャートなどで多く分かりやすそうだ!
と、そんな印象を受け思わず購入。
ちょうど、
私は今現在25歳で、20代真っ只中。
それに、
「株を始めるにあたって、元手となるお金はとても大事。」
そんなことをぼんやりと考えていたためか、
タイトルに妙にひかれてしまいました。
◎内容◎
本書は「きっかけ」でも述べたように、
図やフローなどを豊富に加えながら、
20代の方が知っておくべきお金についての大事なこと
約90項目にして解説しています。
読んだ感想を率直に述べれば、
とても分かりやすい。
それに尽きます。
収入・貯蓄・投資・ライフプラン・・・
私たち20代の方がこれから目の当たりにするであろう
「お金」について網羅的に学ぶことができます。
◎学んだこと◎
本書の中で、私が一番興味を持ったことは、
貯金についての項目です。
25歳で貯金0でも、これからきちんと貯めれば、1億円の道が拓けている!
思わず、ドキッとしちゃいましたね。
なんせ、私は今25歳ですからね。
「こんな私でも本当に1億円貯めれるのか!?」と思ってしまいましたよ。
今の私は、貯金0ということはありませんが、
貯金を沢山しているとは決して言えません。
ある程度お金がたまると、
気が緩んで、ふと大きな買い物をしてしまうんですよね・・・
で、
本書を読んでみて、
なるほど、こうしていけば確かにお金がたまる!
と納得することができました。
そのなかで、もっとも簡単に貯金する方法だと思われたのが、
定期預金です。
たとえば、私が今月から月に3万円づつの定期を組むとします。
すると、
1年で、
3万×12月=36万円。
2回あるボーナスで7万円入れるとして、
36万+(7万×2回)=50万円。
1年で50万円
25歳である私が、定年の60歳までそれを続けたとしたら。
50万×35年=1750万円。
月にたった3万円で1750万円ですよ!?
小さいことからコツコツとは良く言ったものです。
これから年収ももっとあがりますし、
利子なども含めたら相当な額が貯金出来るのではないかと思います。
これはさっそくにでも定期貯金を始めてみるしかありませんね。
◎おまけ◎
本書では、株についても述べています。
その中で、株を始めるにあたって、
2冊以上株入門書を読むように!と示しているところもありました。
やはり株を始めるには、本を読むのは基本なのでしょうね。
今、25冊を目標に勉強していますが、
これは間違いではないような気がしてきました。
まぁどうせならば、
株についての本25冊の書評を書いてみたいものですね。
ちなみに、それについての今の書評は0。
なんとも悲しいものです・・・
だから、せっかくですので、
本書をその1歩としてはじめていきましょうか。
お金について学ぶことも株入門への第一歩でしょうからね!
と、言うわけで、
私の株入門まで、残り1/25ということで行きましょうか!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングにご協力おねがいします!