レーシックについて語る

NO IMAGE

どうも、こんにちは。
今日はiPadにて更新です。
タイプミスはご愛嬌!(テヘペロ)
今日はレーシックについて語りたいと思います。
最近サッカー日本代表の本田選手がこのレーシック手術を受けたことが話題になっていますね。
視力0.4から2.0になったとか・・・
かくいう私も実はレーシックを受けています。
手術を受けたのは、もう2年以上前かな?
視力が0.1もないという超ド近視の私でしたが、今では視力1.5以上に回復しました。
今ではメガネやコンタクトをしていた自分が想像できませんね。
でも、今日はちょっと昔のことを思い出して
レーシックを受けて良かったこと、悪かったことを考えて見たいと思います。
まず、良かったこと。
①朝起きた瞬間から目が見える!
これは本当に素晴らしいと思いましたね。何せ視力0.1の時はメガネを探すのですら苦労しましたからね・・・
どうように、夜に寝るときも便利になりました。
②運動がしやすくなった!
バスケをよくする私にとっては結構良かった気とだと思いました。
激しい運動ではコンタクトをしていても、ずれたり落としてしまうということも多々有りますからね。
最近ではゴルフをしている最中も便利だと感じます。視力が良いからボールを探すのにも苦労しません。
③手入れする手間が減った!
帰宅後すぐに外して消毒したり、定期的に検査を受ける手間って結構大きいですよね。
昔は当たり前にやっていたけれど、いざ無くなると快適さにびっくりw
④お金が節約できる!
これは毎日コンタクトをするのと比べてのお話。
私はワンデイの使い捨てを使っていたので、月の出費が結構痛かったですね。
でも、今ではそれが0円ですから、かなり経済的!
レーシックを受けてからもう大分たったので元は取れているのではないでしょうか?
まぁ良かったことはこんなものでしょうか。
次は逆に悪かったこと
①目が疲れやすくなった気がする。
これは視力が急にあがったからしょうね。
目の疲れのせいか隈が出来やすくなった気がします。
まぁでも、今では慣れてきたので、疲れを感じることはなくなりましたが。
②手術が怖かったw
これは流石にね・・・自分の体をいじられるのは、
どうしても生理的に気持ち悪さを感じます。
術後の目の痛みも若干トラウマですね。なみだがポロポロでましたからw
・・・あれ?こんなもんですかね?
総じていえば、レーシックを受けて良かったと思っています。
友人とかに、レーシックの話をすることが結構ありますが、みなさん
「こわいー」
だとか言って避けがちですね。
私からしたら勿体無い気がします。
きっとレーシックなんかは自分がやってみなければ良し悪しなんてわからないものなのでしょうね。
もし、今レーシックを受けるかどうか悩んでいる人がいたら
私は是非うけてみることをオススメします。
よし、今日はこの辺で!
ノシ