【MHW】弓の考察(スキル編)【モンハン攻略日記11日目】

【MHW】弓の考察(スキル編)【モンハン攻略日記11日目】

どうも、こんにちは。
今回もモンハンについてです。
他にも書きたいことはいっぱいありますが、モンハンが楽しすぎて手が回っていませんw

ハンター生活11日目

武器をハンマーから弓に持ち替え、3日が経過しました。
クエストもそれなりの数をこなしたため、弓の立ち回りや必要なスキルについて大分理解できました。
今回は弓について考察をしていきたいと思います。

弓の基本的な立ち回り

前作までの弓は”溜め3or溜め4”⇒”剛射”が基本的な攻撃パターンとなっていました。
私も弓の使い始めはこの立ち回りをしていましたが、どうも火力が出ない・・・

前作までは各弓に射撃のパターンがあり、”溜め(通常)”⇒”剛射(通常)”や”溜め(拡散)”⇒”剛射(拡散)”というように同じ射撃パターンでの攻撃が可能でした。
つまり、同じ部位を狙い、クリティカル距離を維持しながら連続で攻撃出来たわけです。
しかしながら、今作では”溜め”が”通常”、”剛射”が”拡散”となってしまうため、狙いやクリティカル距離を維持するのが困難です。

弓弱体化かよ・・・(´・ω・`)

と思った私ですが、
よくよく調べてみると今作では新モーションとして”チャージステップ”が追加されていました。
(事前情報なしでプレーするのが私の悪い癖ですね。)

この”チャージステップ”がかなり強い!!

チャージステップは回避しつつ溜め段階が1つ上がるというもので、
射撃と射撃の間に挟むと間髪入れずに”溜め3”を発射することができます。
これによりチャージステップで位置取りor回避しながら継続して強攻撃をすることが出来るようになりました!
回避の方向も任意で変えられるので、モンスターの突進をかわしたり、引きうちしたり、距離を詰めたりと用途も多いです。
更にはステップ中にモンスターの隙をついて飛び込み攻撃を挟むことによってスタミナを回復できるというコンボまであります。

今作では、この”チャージステップ”を使った立ち回りが弓を上手く使うための最大のポイントとなります。

スキルの考察

さて、続いては弓と相性の良いスキルについての考察です。
立ち回りがチャージステップを重視したものとなるため、スキルもそれを補助するもの・火力を向上させるものが優先されます。

体術

今作で弓を使ううえでは、”体術”は必須のスキルです。
体術はスキルを一定量消費するモーションを行う際に、そのスタミナ消費量を軽減してくれるスキルです。
そのためチャージステップを多用する今作での立ち回りには是非ともつけたいスキルとなります。
チャージステップを挟んだコンボの回数が増え、その分だけ火力も上がります。
今作では強走薬の仕様変更により無限のスタミナを手に入れることが出来なくなりました。
仮に強走薬を使用したとしても多少スタミナにも余裕が出来ますが、体術レベル5より効果が薄いためおすすめではありません。

スタミナ急速回復

体術を付ける理由と同じく、弓はスタミナを多用するため”スタミナ急速回復”と相性が良いです。
一通りのコンボ終了後、スタミナが回復するまでの時間を大幅に短縮してくれます。
これによって、次のコンボまでの時間が短くなり、結果として火力が上がりますし、
コンボの途中でモンスターからのターゲットをもらった時に、スタミナ不足で回避ができない!なんてこともなくなります。
(スタミナ不足は完全にはなくなりませんし、弓を使う上でスタミナ管理は大事なことなので、コンボに夢中なりすぎないよう注意しましょう。)

弱点特効

モンスターの弱点を狙いやすい弓にとっては毎シリーズお馴染みの必須スキルですね!
今作でも”弱点特効”とは相性がよく、コンボをしながら弱点を徹底的に狙うようにしましょう。
古龍等と闘う際には弱点以外にはダメージがほとんど通らないため、弱点を狙えないようならば、弓以外武器で戦った方が良いです。

通常弾・通常矢強化

ディアブロス亜種の素材から作れる足の防具”ディアネログリーブ”で発動させることが出来ます。
防具の1つをこのスキルの発動のために固定されてしまうことが惜しいですが、
チャージステップからの溜め射ち(通常矢)を多用する立ち回りを行う場合には、火力の底上げ可能です。
このスキルは発動させることができる装飾品があったら良いのですが、装飾品の入手がランダムであるうえ存在の有無さえ確認できない現状・・・もし発動出来たら装備の幅が広がりますね!

その他のスキル

以上で紹介しました4つのスキルが今作の弓にとって相性が良いスキルではないでしょうか。

前作まで必須であった”集中”は、チャージステップを利用することによって、それほど重要なスキルではなくなりました。
ただ無いよりはあった方が良いとは思いますので、お好みで付ける感じでしょう。

他に相性が良いスキルとしては、チャージステップを活かせる”回避性能””回避距離”がありますが、ほかのスキルと比べたら優先度が低いように感じられます。
回避系スキルはあると被弾回数が減り狩りが安定感が増しますし、モンスターが攻撃を仕掛けてくるギリギリのところまで弱点を狙える位置で攻撃することができるため火力向上にもつながりますので、こちらもお好みで付けるスキルです。
※私はまだ新モンスターのモーションや当たり判定に慣れていないため”回避性能”を付けながら様子をみています。

攻略サイトとかを見ると”ランナー”が必須と書いているサイトもありますが、スタミナの消費量が変更された今作では”ランナー”はいりません。
ランナーを発動させるくらいなら、攻撃アップ系スキルを何か発動させた方が良いと思います。

まとめ

スキルについて長々と書き綴ってしまいましたが、簡潔にまとめますと

今作の弓は”チャージステップ”を多用するため、それを補う
・体術
・スタミナ急速回復
が必須スキルとなる。
火力の向上については、
・弱点特効
・通常弾・通常矢強化
などが、弓との相性が良いためお勧め。

以上です。

装備については、私は現在装飾品をかき集めている最中で、色々試行錯誤しています。
これらのスキルを上手に発動させることができる納得する装備が完成しましたら
次回”装備編”ということで考察を書き綴りたいと思います。

ではでは、今回はこの辺で!