【MHW】HR50昇格試験!?歴戦の個体”キリン”討伐【モンハン攻略日記13日目】

【MHW】HR50昇格試験!?歴戦の個体”キリン”討伐【モンハン攻略日記13日目】

どうも、こんにちは。
今回もモンハンについてです。

ついにハンターランク49に!


昨日は早くハンターランクを上げたいと熱弁しておりましたが、
ついにハンターランク49となりました!
(未消化のクエストを埋めていた為お相手はツィツィヤックでしたw)
これでハンターランク50の開放に必要な緊急クエストを受けれるようになります!

歴戦の個体”キリン”討伐への挑戦


ハンターランクが49となると、ラスボス討伐後2回目のハンターランクのキャップとなります。
HRを50以上に上げるためには、出現する緊急クエスト”この雷鳴は天罰か、祝福か”をクリアする必要があります。
このクエストの内容は歴戦個体のキリンを討伐するというもの、
友人からの事前情報によるとこのクエストはかなり難易度が高く、攻撃力の高い歴戦のキリンからは雷耐性を積んだ装備でもワンパンされる攻撃が繰り出されると聞いていました。
パーティーで行くとパーティーメンバーがポロポロ殺されていくという話もありましたので、
私はソロで討伐に向かうことにしました!もちろん装備は現在ハマり中の弓です。

なんとかクエストクリア

弓を引絞りひたすらキリンの頭を狙うこと何十発(何百発!?)
なんとか初回の挑戦でクリアすることが出来ました。

とはいえ、狩り自体はまったく安定したものではありません。
今作の古龍の特質である”巣に帰ってから本気出す”モード発動後、瞬く間に2回力尽きてしまったので、最後の方はもう後がない状況下でヒヤヒヤしながら戦い続けました。
流石に怒り状態の雷1発で「力尽きました」はひどいですね。最初にやられたときは思わず乾いた笑いが漏れました。

通常の攻撃でもHPの8~9割ほどが消し飛びますので、油断することが出来ない緊張感ある戦いとなりました。


クエストのクリアタイムは30分ほど。
キリンに苦戦したこともありますが、狭いマップ(特に13番のマップ)で戦いたくなく、誘導するのに時間がかかりました。
キリンの攻撃の特性上、狭いマップでの戦闘は不利な状況になりやすいですからね。。。誘導して広いマップで戦う方が良いと思います。

クリアは出来ましたが、出来ればもう行きたくないクエストの一つとなりました。

ハンターランク50に昇進!

歴戦の個体”キリン”を倒したことにより、ハンターランクが50となりました!

嬉しい限りです。
これにより、歴戦個体の古龍種の調査クエストが出現&参加することが出来るようになります。
歴戦の古龍種の調査クエストは報酬(装飾品)として良いものが出やすいということですので、期待が高まりますね!

古代竜人の錬金術

古龍であるキリンを倒したことにより、報酬で入手できる”大龍脈石”を使った”龍脈の錬金術”にて不要な装飾品をリサイクルすることが出来るようになりました。
”大地の錬金術”や”深海の錬金術”では最高ランクの装飾品は出現しないようでしたからね・・・
これを待っていました!

大量に貯めこんでいたゴミのような珠と引き換えに、”古びた珠”を手に入れます!


珠の抽選結果発表前にセーブを強要されるという仕様・・・w
前作までは護石の錬金の抽選前にセーブし、好きな護石がでるまでリセットを繰り返すいわゆるリセマラが使えましたが、今作では正式に禁止されてしまったようです。
欲しいものが出るまでひたすらやり込めということでしょう。

肝心の錬金の結果はといいますと・・・

なんと弓の装填に麻痺瓶を追加する”痺瓶珠”をゲットしました!
これは弓使いの私にとってはめちゃくちゃ嬉しい!
弓には麻痺瓶を装填することが出来ないものも多く、欲しかったんですよね。
これで装備の幅が広がりそうです。

これから

今回は無事ハンターランク50となることが出来ました。
次の緊急クエストはハンターランク100で出現するとのこと
まだまだ先は長いですが地道にランクを上げていきたいと思います。

ではでは、今回はこの辺で!