美容師必見「インスタグラム」の基礎理解から運用まで

MUP活動報告

こんにちわ、ルイです。
本日はオンラインスクール「MUP」で学んだ内容をアウトプットしていこうと思います。

 

本記事のテーマ

インスタグラムの基礎理解から運用方法まで

MacBook
まずは僕がインスタグラムについて簡単に説明していきます!

インスタグラムは、一言で言うと写真や動画などを視覚で楽しめるコンテンツが軸になったSNSです。様々なフィルターをかけて写真を投稿し、その写真を基にしてほかのユーザーと繋がることができます。

 

また、24時間で消える「ストーリーズ」により、気軽に日常の光景をシェアできるようになり、現在ではユーザー数も全世界で10億人を突破し、日本では3300万人のアクティブユーザーがいます。

 

 

なぜインスタグラムが重要なのか?

 

ユーザーの急増

①2015年〜2018年(国内)
新規登録:600万人ユーザー
②2016年〜2018年50歳以上ユーザーの急増
③月間アクティブユーザー率
86%(Facebook56%、Twitter60%、LINE85%)
  2.3時間に1回アプリが開かれている

 

 

今後ユーザーの飽きが来る可能性が低い

①SNSアプリからライフスタイルアプリに進化(生活に欠かせないアプリ)
②親会社Facebook社の資本力

 

 

インスタグラムの重要性は理解できましたけど、運用の仕方がわからないので教えてください。

 

 

わかりました。

今からしっかりビジネスの活用方法について説明していきますので、ご安心ください。

 

 

 

 

運用編

 

インスタグラムの特徴

・コミュニティ(ビジネス系、ファッション系など)
・広告(大きく分けて2つ)

 

単発広告

・チラシ、テレビ
・情報サイトの掲載(ホットペッパーなど)
・リスティング
・イベント開催など(手間とコストがかかる)

 

永続広告

・ブログ購読(難易度高い)
・会員制サイト(難易度高い)
・メルマガ登録(難易度高い)
インスタグラム (難易度低い)

プッシュ広告(人間は見てねって言われると見ない)

・メルマガ
・LINE@

 

プル広告(相手が見る広告)

・インスタグラム

 

教育広告(インスタグラム)

様々なコンテンツ(お店の雰囲気やコンセプト)を継続して発信することができる
継続して発信することでフォロワーからファンに変えていく

 

 

 

実際にインスタグラマーになるとどうなるのか

・広告(PR)
・二次メディアへの誘導(ブログやYouTube)
・商品販売
・店舗集客
・自社商品の宣伝
※だから1番価値のある広告がインスタグラム

 

インスタグラムの運用方法

構造理解

「人はお店に来ない、人は人に来る」
ブランディング用と集客用は必ず分ける
ex)美容院
お店(ブランディング)、各美容師(集客)
投稿は仕事2割、プライベート8割

 

プロフィール

プロフィールの5秒以内の離脱率74%
・必ず自分の写真
・箇条書きで(興味を惹きつける言葉)
・URLは短くする

 

コンテンツ

→6歩backして背景なども写るように撮影して投稿する(ライフスタイルに興味があるから)
ex)どんな料理を食べてるか、どんなお店か

 

ハッシュタグ

→5個(多くても10個まで)
ハッシュタグの役割は新規+リピーターの獲得

 

運用

ex)美容院
インスタ交換→その日中にお礼のDM
→月に1回はお客様の投稿やストーリーにDM(営業NG)
継続的に関わることでインスタグラムのアルゴリズムによってお客様のストーリーの左側に自分がよく出てくるようになり、その結果リピーターに繋がりやすくなる

 

今回はインスタグラムの基礎知識から運用方法までブログにしてみました。
僕も実践中なので一緒に頑張っていきましょう!!
インスタグラムのプロフィール

 

タイトルとURLをコピーしました