MUP WEEK 5【マインドセット】

MUP活動報告

WEEK 5のテーマ

    まずは人々を幸せにしたいよりも、キャッシュを生み出すのが先


竹花貴騎

結論は、まずは人々を幸せにしたいよりも、キャッシュを生み出すのが先です。
もちろんお金が全てではないし、社会貢献や人々を幸せにすることの方に重きを置いている人もたくさんいると思います。
しかし、社会貢献するにはお金が必要です。

だから、最も効率的に社会貢献するには時間的に金銭的に自分が成功することです。

特にビジネスの初期段階では、儲けファーストの考えも大事です。
例えば、元ZOZOの前澤社長やホリエモンこと堀江貴文さんは、今となっては大規模な社会貢献も行っていますが、元々はそれぞれ「レコード通販会社」や「HP制作会社」からスタートしています。

3つの稼ぎ方の種類

TIM(Time is money)

  • サラリーマン ex)月給20万 月200時間勤務
  • アルバイト・弁護士・コンサルタント ex)時給1300円 月200時間勤務

TIMは、月給や時給制の文字通り時間を対価にお金をもらう働き方です。
そのため、労働時間に限りがあるため、収入にも当然限りがあります。

RIM(Result is money)

  • 副業・インセンティブありサラリーマン
    ex)月給20万+インセンティブor副業 月300時間労働
  • フリーランス ex)利益30万円=月給30万円 月360時間労働
  • 経営者 ex)利益300万円=月給300万円 月360時間労働

RIMは、給料に加えて、結果に対しても報酬がもらえるのでTIMより稼げます。
フリーランスや経営者になると、自分や自分たち次第でどこまでも稼ぐことができます。

しかし、時間に関してはTIM以上に削られてしまいます。

KIM(Knowledge is money)

  • 資産家・投資家 ex)利益300万円=月給300万円 月1時間労働

KIMは、自分のお金を他人に預けて自分が働く時間を減らし、大きな所得を得ることができます。

TIMとRIMではお金も時間も限られているので、社会貢献することが現実的にできないですよね。
現実的に社会貢献はRIMの経営者から現実的に考えられるので、まずは儲けファーストの考え方も身に付けましょう。

1円を拾っていいのは月収10万円以下の人か資産家だけ


今後、独立や経営者になる上で自分の今ある価値を把握し、1秒単位で価値をあげる行動をする必要があります。

月収:30万
勤務:月20日
日給:1.5万
時間:9時間
分給:27円
秒給:0.5円

例えば、あなたが上記のようなサラリーマンだったとします。
月収は30万円。秒給に直すと0.5円になります。

1円を拾うには最低でも3秒ぐらいはかかってしまいます。
このサラリーマンが1円を拾う場合、本来なら3秒で1.5円稼げてたはずの時間を1円拾うのに費やしたせいで、0.5円損してますよね。

自分の価値を秒給まで計算し、受ける仕事と断る仕事を選ぶ必要があります。

MUP WEEK 5【マインドセット】まとめ

  • 儲けファーストの考え方
  • 3つの稼ぎ方の種類
  • 自分の1秒の価値の把握の必要性

 

MUP WEEK 6【スキル取得方法】