MUP WEEK 6【スキル取得方法】

MUP WEEK

WEEK 6のテーマ

    石の上にも3年もいるな


竹花貴騎

「石の上にも三年」の意味は、「辛くても我慢強く辛抱していれば、いつかは成功できる」という意味です。
しかし、3年もかからずに成功できるのであれば、それに越したことはないですよね!
これからスキルをつけていくのに3年もかけてはいけません。
スキルをつけるといっても、現在の仕事などに使っているスキルをもっと磨くということではないです。
例えば、美容師であればカットの技術を高めることではなく、自分自身の価値を上げていくスキルをつけていく必要があります

現代の1日の情報量は、平安時代の人の一生分と言われています。
そんな中で一日に全く学んでいない人が多数を占めているこのご時世です。

YouTubeなど無料で学べる物はたくさんある現代ですので一緒に学び狂っていきましょう!

希少価値を上げるためのスキルをつける


保育士を例に挙げて説明していきます!

保育士の免許を持っている人は、日本全体で120万人います。
しかし、実際に働いている人は43万人しかいないのが現状です。

免許は持っているけれども、実際に働いている人は本当に少ないですよね。
下のグラフでわかるように、賃金の低さが保育士として働きたくない理由の1位になっています。

なぜ保育士の給料が低くなってしまうのか


結論から言うと、保育士自体の人数が非常に多いので希少価値の観点から考えると、低いのが現状なんですよね。

100×100の法則

  • (1) 保育士の免許を持っている人:100人に1人
  • (2) 中国語と英語が話せる人:100人に1人

1つのスキルを極める人は非常に多いです。
しかし、これだとまだ希少価値の観点で考えると給料を上げるのは難しいです。

じゃあ、保育士の免許を持っていて、中国語と英語も話せるならどうなるか…
実際、このようなインターナショナルの保育士さんって給料高いんですよね。

つまり、(1)と(2)のスキルが組み合わさると10000人に1人の希少価値になります。
保育の専門外のことを学ぶことで希少価値が出て、自分の価値が高くなることで給料も高くなるということです。

10000人に1人の人材になるためには、専門以外のことも学び、多くのスキルを学べる環境を持つべきです。

インプットは非生産時間に徹底


読者は非効率で、YouTubeやAmazonAudibleを使ってインプットするのがおすすめです。
なぜなら、人間はインプットをしても次の日には覚えた内の70%以上を忘れてしまうからです。
忘れないようにするためには復習する必要があります。

しかし、本でインプットした場合、復習するのに時間がかかってしまいますよね。
YouTubeやAmazonAudibleなら短時間で何回も復習できますよね。

また1.5〜2倍速で通勤中など移動中の非生産時間に行うのが効果的です。

そして、インプットはアウトプットまでがインプットです。
スポーツでもそうですけど、練習ばかりでは上手くならないし、試合じゃ使えませんよね。

インプットした後はしっかりアウトプットすることを心がけましょう。

MUP WEEK 6【スキル取得方法】まとめ

  • 100×100の法則
  • 専門以外のことも学び、多くのスキルを学べる環境を持つべき
  • インプットは非生産時間に徹底
  • インプットはアウトプットまでがインプット

 

MUP WEEK 7 【伝えるスキル】