MUP WEEK 9【論理思考スキル】(前編)

MUP WEEK

WEEK 9 のテーマ

    掛け算の法則で、どんなにスキルがあっても論理的思考スキルが無ければ、無意味


竹花貴騎

論理的思考スキル通称ロジカルシンキングは、WEEK9のテーマにあるように、ビジネスにおいて最も重要なことです!
例えば、100点満点の資料を作ったとしても、この論理的思考スキルがなければ、100点の資料×0点なので0点…
つまり、ビジネスの世界では生き残れないのです。

まずは、考え方から整理していきます。
Q.次のラーメン屋の売上と利益はいくらでしょうか。

  • 座席数:13席
  • 場所:浜松町付近
  • 従業員数:3人
  • 価格:650円

答えはわからないですよね。売上がわからないですから。

なので正解、不正解ではなく、考え方の正解、不正解を考えましょう。
この考え方を俗にフェルミ推定とも言ったりします。

それではまずは、ラーメン屋の要素を分解していきます。
売上が平日と週末では異なるし、ランチと夜でもそれぞれ異なるのでそれを4つに分けて表にします。

次に売上に関係するのは、
回転数、来店数、客単価、売上、営業日、原価、コスト、全経費、売上、利益
このように要素を分解して下の図のように考えていきます。

あとは、このフレームワークを使って考えれば、論理的に考えた答えを導き出せます!

皆さんが外食に行った時などに、このフレームワークに当てはめて、そのお店の売上や利益を考えてみてください!

顧客視点を論理的に証明

例えば、自分が何かお店を出そうと思った時に、なぜこの立地なのか、なぜこの価格なのかという質問に対して、何となくと答えてしまう人が多いと思います。

そうではなく、論理的に説明できなければ、ビジネスとして成り立ちません。
正直ここまで考えてる人は少ないので、論理的に説明できるだけでかなりのアドバンテージになります。

あとは、さっきのフレームワークに当てはめて色んなお店で考えてみてください!
何回も言いますが、大切なのは正解か不正解ではなく、論理的な考え方です!

思い込みの怖さ

次に重要なのが思い込みを抱かないことです。

例えば、ショッピッングに行って服を買おうと思って1日よく考えてみたら、やっぱいらなかったってこと皆さんにもあると思います。
あとは、付き合ってた時は彼女のこと世界一可愛いと思ってたのに、別れてよく見たらアレ…みたいな(笑)

人間というのは一時的な感情でヒートアップしたり、自分が思っていること以上の事を勝手に想像してしまうものなんですよね。
要するに、重要なのは自分の見えている視点がすべて正しいわけではないと理解しておくことです。

まずは、自分の視点を疑って考えましょう!
また、しっかりとしたデータに基づき事実を確認することが重要です。

ドラマチック化してしまう習慣

人には物事をドラマチック化してしまう習慣があります。

例えば、次の質問。
Q.低所得国と呼ばれ、餓死してしまうほど貧しい国は全体の何%ぐらいか?

  • 10%
  • 30%
  • 50%

これファクトフルネスでも書いてあるように正解は、10%なんですよね。
ほとんどの方が30%を選んだと思います。
僕も、30%ぐらいだと思ってました!

この質問の面白いところが、ファクトフルネスの著者ハンス博士によると、どれだけ高学歴エリートでも学者でも正答率がたったの10%だったみたいです。

なぜか飢餓で苦しむ子供をTVで見たりするとそれをドラマチック化してしまうんですね。
実際にデータで見てみると違うってこと身近にもあると思います。

ビジネスでは、こういった思い込みを絶対に捨てなくてはいけないです。

自分の考えが正しいのではなく、人の考えを自分の考えとマッチングさせてそれを論理的に証明していくことがビジネスで最も重要です。
そして、論理的に証明していくには分断本能ネガティブ本能の2つを無くさないといけないです。

分断本能

私たち人間には何でも2つに分けたがる思考があります。

例えば、上の図の幸せと不幸のように人の価値観だったり、そもそも線引きが曖昧だったりします。
黒か白ではなく、いろんなグラデーションがあり、これを理解しないとビジネスではうまくいきません。

なぜグラデーションで理解しなくてはいけないのか。

例えば、飲食店。
立地で店舗の場所を決めた時に、交通量が多い事によるメリットだけではなく、デメリットも考えなくてはいけないです。

逆に、交通量が少ない方がメリットが多かったりもします。
交通量が少ないと家賃が安かったり、店員さんもそこまで人数いらないですからね。
実際の例として、売上はあるんだけど、経費が多くなってしまって倒産することが多いんですよね。

ビジネスでは、どれだけ売上を上げたかではなく、どれだけ利益を残したかが大事です。
なので、何でも分断して考えるのではなく細分化して考えましょう!

ネガティブ本能

人はネガティブな事に共感し、敏感に反応してしまいます。
例えば交通事故のニュースでは、事故が起こったという事実だけで本来なら十分ですよね。

しかし、マスコミは遺族にインタビューをする。
なぜ本来不要なことをやるのか。

それは視聴率を得るために、人間のネガティブ本能に訴えているんですよね。
私たちは目に入ってくるものを常に疑っていないといけません。
僕はもう数年テレビが無駄だと思って見てないです(笑)

ということで、今回は【論理思考スキル】についてまとめました!

ビジネスにおいては、この論理的思考スキルが必要不可欠です。
すぐに実践できるフレームワークもいくつか紹介しているので、是非試してください!

WEEK 9の続きですのでWEEK10(後編)も合わせてご覧ください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました😊