MUP WEEK 12【Google集客スキル】(SEO)

MUP WEEK

WEEK 12の内容

  • SEOってなに?
  • どうやってSEO対策するの?
  • どうやってキーワード選ぶの?

こういった疑問をお持ちの方へ。

Googleでお金をかけなくても集客できる方法としてSEOMEOがあります。
WEEK 12ではSEOについてまとめました。

SEOは皆さんがどんなビジネスをするにしても必ず必要になってくるものです。
今の時代、オンラインに出ないビジネスは誰からも知られないので、まずはオンラインに露出しましょう。


竹花貴騎

SEOとは

SEO

  • 検索結果でサイトを多く露出するために行う対策
  • Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化

SEOは無料で作れる資産

SEOはお金をかけずに対策が可能です。
ということは無料で作れる資産のようなものです。

SEOは無料で雇える営業マン

SEOで上位表示することができると、無料で集客ができます。
なので、無料で雇える営業マンと同じと言えるでしょう。

SEOはファッション

SEOのアルゴリズムは時代によってコロコロ変わります。
そのため、SEOはファッションのようにトレンドの変化が激しいのです。

WEBとは

WEB=蜘蛛の巣

WEBとは「世界中の情報を繋げリンクすること」です。
蜘蛛の巣(英語でSpider’s web)のように情報が巡っているところから、WEBと名付けられました。

WEBを作った天才

WEBは誰に作られたかというと「ティム・バーナーズ=リー」という博士に作られました。
この人は、WWW(World Wide Web)を最初に開発した天才です。

リー博士は、今でもあるスイスの巨大研究機関CREN(セルン)に所属していました。
その機関から散漫している情報をリー博士にまとめてくれないかという依頼があったのがWEB開発のきっかけとなっています。

その情報機関では情報が散漫していましたが、全て資料室の中にありました。
当時は何か得たい情報があれば資料室に行って、受付で「○○の資料を見たい」と伝えれば、「A-1とB-2にありますよ」みたいに、受付で資料がどこにあるか聞いて探していました。

ハイパーテキストを考案

当時は資料の置き場所が分かっても、情報同士の繋がりが見えませんでした。
そこで、リー博士は、ハイパーテキストを考案しました。

昔のパソコンというのは、ただ文字を書いてそれを画面に映す程度のことしかできませんでした。
それが今や、Wikipediaなどを見ると文字の上にハイパーリンクがあり、それをクリックすると違うページに飛ぶことができます。
竹花貴騎
MUPカレッジ

このように違う場所にある情報をリンクしたのがウェブの始まりです。
そして、これが俗にいうHTML(Hyper Text Markup language)です。

HTML・URL・SERVER・HTTP

  • HTML=情報
  • URL=情報の置き場所
  • SERVER=資料室
  • HTTP=注文と提供(情報を見たい⇄ここにあるよという会話)

新しい情報資料室特定の場所に置く」
「そして、会話によって情報を取得する」

HTMLSERVERURLに置く」
「そして,HTTPによってHTMLを取得する」

WEBブラウザ


WEBブラウザとは、情報を整理して表示するデザインをもつサービスのことです。

注文するにも情報の種類は数えきれないくらい膨大になります。
そこで情報を整理して表示するデザインを持つサービスが必要になり、そのサービスをウェブブラウザと呼びます。

この表示のデザインを翻訳し情報の整理を行っているのがウェブブラウザの仕事になります。

Google:世界最大手のWEBブラウザで圧倒的シェア1位

Yahoo:日本ではGoogleより使われているが、WEBブラウザ内部はGoogleと同じ

Bing:Microsoft製の検索エンジン


 
これらのWebブラウザが行っている情報の整理に対して、自分のサイトを上位に表示させるための対策をSEO対策と呼ぶわけです。

Webブラウザが情報をデザインしていく3つの過程

  • ① クローリング
  • ② インデックス
  • ③ ランキング

① クローリング

クローリングとは、水泳のクロールと同じ意味で、クローラーボットと呼ばれる機械が,Web上の全てのHTMLをクロールしていきます。
その際に、クローラーが読み込むデータが下記の5つです。

  • サイト構成
  • 文字情報
  • リンクの有無
  • ページ表示速度
  • コンテンツボリューム

② インデックス

① クローリングで読み込んだ情報をデータベースにいれることをインデックスと言います。
また、site:example.comと検索するとインデックスされているかチェックできます。
このサイトの場合だと、site:ruiblog.netとなります。

③ ランキング

データベースに情報が入ると、Googleのアルゴリズムによって,サイトが順位付けされます。
Googleの内部ではこういったことが行われています。

ブラックハット


ブラックハットとは、Googleのアルゴリズムの抜け道をついて無理矢理,上位表示させるものです。
SEOはファッションと例えたように、Googleのアルゴリズムは定期的に変わります。

つまり、Googleもユーザーの悪い行為には対策してくるのです。
昔は通用していたが、今はもう対策されていてクローラーから悪い評価を受けてしまうブラックハットをいくつか紹介していきます。

  • (1) 被リンク大量生産
  • (2) コンテンツファーム
  • (3) ワードサラダ
  • (4) クローキング
  • (5) 隠しテキスト&隠しリンク

(1) 被リンク大量生産

被リンクが多いというのは基本的には良い評価を受けます。
例えば、有名人のHPが複数のブログで紹介されていれば、クローラーボットからしたら有益な情報だと判断し、そのサイトを上位表示します。

これを利用しようと外部リンクを売る業者が発生し、意図的に被リンクを増やすために、「被リンクを買う」という行為が行われました。

(2) コンテンツファーム

検索エンジンからの訪問者を増やして広告収益を得るために、必ずしも品質の高くないコンテンツを大量に作成・配信する企業やサービスのこと。
コンテンツファーム-weblio辞書

(3) ワードサラダ

言葉を無作為に羅列して作成されたため、文法は間違っていないが、文章としての意味が破綻しているコンテンツのこと。
ワードサラダ-weblio辞書

(4) クローキング

あるURLにクローラーが巡回してきた際に、人間の閲覧者がアクセスした場合とは異なるWebページに切り替える技法のこと。クローキング-weblio辞書

(5) 隠しテキスト&隠しリンク

検索エンジンスパムの一種で、故意にHTMLタグやCSSを通常の記述方法とは異なった書き方をすることによって、WebブラウザでユーザーがWebページを見た際には人間の目には見えないように仕込まれたテキストのこと。
隠しテキスト・リンク-weblio辞書

これらのブラックハットは、Googleのアップデートによって毎回潰されてきました。
ブラックハットにはいつか終わりが来るので、SEOの根底の部分を学ぶ必要があります。

Googleを無料で使える理由


ホットペッパーのようにオークション型にして、金銭に応じて上位表示した方が、Googleとしては儲けられそうですよね。
しかし、Googleがキーワードに対してあまり有益ではないサイトを上位表示させてしまうと、ユーザーからしたら自分が調べたいことが見つからないわけです。

そしたら、Googleじゃなくて他のWEBブラウザにユーザーが流れてしまいます。
Googleからしたらユーザーが離れてしまうことが1番困るわけです。
だから、Googleはユーザーファーストの情報掲載を重要視しています。

つまり,SEO対策というのは「クローラーやGoogleにどう評価をうけるか」ではなく「ユーザーにどう評価をうけるか」が最も重要です!
SEO対策には、このユーザー目線が必要です。

ユーザー目線とは

  • (1) 専門性:コンテンツを作る人に専門知識があるか
  • (2) 権威性:コンテンツを作る人やWebサイトが、そのジャンルの権威であるか
  • (3) 信頼性:コンテンツを作る人やWebサイトが信頼できるか

ユーザー目線とは、上記の3つで評価されます。
この3つは、特にYMYL分野において重要視されます。

YMYL(Your Money Your Life)

  • ショッピングまたは金融取引
  • 財務情報
  • 医療情報
  • 法的情報
  • 重要ニュース記事など

つまり、お金と命に密接に関わるような検索結果にはGoogleは他のコンテンツよりもしっかりチェックしているということです。
なぜなら、嘘の情報でお金を失ったり、命が失われたということを絶対に避けたいからです。

(1) 専門性

専門性=内部リンクが多いこと

よくある、「おすすめの記事はこちら!が内部リンクです。

画像のように、ライフスタイルメディアで内部リンクを増やすのは難しそうですよね。
だから、専門分野に特化したファッションメディアなど何かに特化しているサイトの方が、内部リンクを生み出しやすいです。

つまり、「マーケティング」ではなく「インスタ マーケティング」のようにテーマは広すぎない方がいいというわけです。

(2) 権威性

権威性=同カテゴリーに対し被リンクや引用が多いこと

リアルでの影響力を持てば自ずと被リンクや引用が増えます。
なので、オフラインの活動が以前よりも重要になっています。
例えば、下記のような例です。

  • 本を出版(出版活動)
  • Twitterやインスタでバズる(SNS運用)

(3) 信頼性

信頼性=特商法の徹底さ・更新頻度・直検流入数

まず、特商法ページは必ず入れましょう。
「どこにある」「誰が書いてるのか」は重要視されます。

次に、直接検索・直接流入です。
例えば、ホットペッパーのように結構知られているメディアになると,直接検索してくるようになりますよね。
これらをGoogleは重要視しています。

サイトの全体構造

ランディングページ(LP)

ランディングページ(Landing Page)とは、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。訪問者がホームページに着地する(land)イメージからこの名前がつきました。略してLPとも呼ばれます。
ランディングページ-DS Magazine

ほとんどの会社は、サービスの紹介ページ(LP)を1つにしています。
しかし、このLPは複数にする必要があります。

なぜなら、1つの理由で顧客がサイトにアクセスする訳ではないからです。
例えば青汁だと、「安いから買う」「飲みやすいから買う」「健康に良いから買う」といったように、人々によって購買マインドは異なります。

  • 人のマインドを軸にLPを設定
  • LP毎に中カテゴリーの設定
  • 中カテゴリー毎に記事を書く

上記の3つを行います。
SEOで上位表示を狙うなら「LP1枚で商品紹介」ではなく「人のマインドを軸にLPを設定し、商品紹介」をしましょう!

ドメイン

上位表示を狙うなら、独自ドメインを取ってください。
アメブロやはてなブログでは正直厳しいです。
なぜなら、プライマリードメインは検索上位に2つ同時に表示されることはないからです。

例えば、アメブロでダイエットの記事を書いたとします。
この記事がアメブロ内でトップの記事ぐらいじゃないと、上位表示することは難しいです。

なぜなら、他のトップ記事が1度上位に表示されてしまうと、自分の記事は表示されることはないからです。
それによって、独自ドメインの方が優位性が高いです。

キーワード設定

ロングテールキーワードの把握

ビッグキーワード

  • 検索数多い
  • CV数少ない

ロングテールキーワード

  • 検索数少ない
  • CV数多い

補足:CVとは?

コンバージョン(Conversion)とは、直訳すると「変換」「転換」「転化」といった意味ですが、インターネット業界ではウェブサイトで獲得できる最終的な成果として使われている言葉です。
コンバージョン-ANAGRAMS

例えば、下記のようなアクションがコンバージョンとして定義されます。

  • 商品購入
  • 会員登録
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積り依頼
  • アプリインストール

また商材やサービス、マーケティング施策によって目指す目標が異なるため、コンバージョンと定義されるものは様々です。

キーワード

例えば、「ドライブ」と検索した人というのは、ドライブ行くか〜ぐらいの人が多いと思います。
では、「ドライブ 東京 デート」と検索した人はどうでしょうか?

絶対に、東京でドライブデートしようとしてる人ですよね。
つまり、CV率が高いわけです。

3種類のキーワード

  • ビッグキーワード:「ドライブ」
  • ミドルキーワード:「ドライブ 東京」「ドライブ 彼女」
  • スモールキーワード:「ドライブ 東京 デート」「ドライブ 関東 日帰り」

スモールキーワード=ロングテールキーワードです。
ビッグキーワードではなく、ロングテールキーワードでCV数を高めるというのはわかったと思います。

ペルソナ設定

改めて言いますが、SEOではユーザー目線が1番重要です。
ユーザー目線で考えるために、ペルソナ設定をして、自分がユーザーになりきり、どんなキーワードが適切か考えます。

例:プロポーズを考えていて、お店を探している27歳男性

  • 27歳
  • 男性
  • 都内在住
  • 広告代理店勤務
  • 月収35万円
  • 3年付き合っている彼女と同棲中
  • プロポーズを考えている
  • お店選びに苦戦中

ざっと、こんな感じで書き出してみて次に何について検索するか考えます。
おそらく「プロポーズ ディナー 東京」「プロポーズ ディナー 夜景」こんな風に調べると思います。
検索のフローまで考えるのが重要です。

キーワード設定方法

ツールを使う

Googleのサジェスト機能

記事構成と必要用件

  • (1) 6W2Hで整理する(要素洗出・構造化)
  • (2) タイトルを決める
  • (3) 優先順位をつけて、軽重を考える
  • (4) 肉付けしていく
  • (5) 個人の経験を必ず入れる
  • (6) 何度も読み返し、不要な要素は削除ではなく後部へ移動
  • (7) 動画およびSNS埋め込み、自社制作コンテンツの埋め込み
  • (8) 口コミ、レビュー系項目の挿入
  • (9) 文法や語尾など調整

(1) 6W2Hで整理する(要素洗出・構造化)

記事を書くときは下記のフレームワークを試してみてください。

Who(誰が) 現役マーケターが教える
Whom(誰に) これからマーケティングを学ぶあなたに
What(何を) マーケティングを覚える3つのコツ
Why(なぜ) 上達するのに苦労したからこそ教えたい
Where(どこで) 現場で役立つ
When(いつ) いますぐに活用できる
How(どのように) オンラインで週に30分で理解できるように
How much(いくら) 無料で教えます!

(2) タイトルを決める

  • 日付と最新を入れる
  • ターゲットKWを入れる
  • 自分の見解を入れる
  • 読んだ後の得や未来像を入れる
  • 数字を必ず入れる

例えばこんな感じです。
【2020年7月最新】インスタ運用で成功できた!3つの方法!リピーター売上2倍

(3) 優先順位をつけて、軽重を考える

上記のツールを使うことで、検索ボリューム競合性の2つを判断することができます。
ボリュームを確保しつつ、競合性の低いキーワードを狙いましょう。

補足:Googleのキーワードプランナー

結論から言うと、数百円から使えるようになります。
実は、有料と言っても何かしらの料金設定があるわけではありません。
冒頭でも伝えましたが「GoogleAdwordsキーワードプランナー」はリスティング広告の広告主をサポートするツールです。
つまり、リスティング広告を運用、活用していれば制限なしの機能が使えるというわけです。
Enazeal Engineer BLOG

(4) 肉付けしていく
(5) 個人の経験を必ず入れる
(6) 何度も読み返し、不要な要素は削除ではなく後部へ移動


上記のフレームワークで書きましょう。

本文を3つの見出しで作ることで読みやすくなります。
例えば、結論に対し理由を3つ用意すると説得力が増加すると言われています。

この中でも、必ず個人の経験を入れてください。

最後に、何度も読み返すことで、不要な要素が見つかります。
文字数もSEO対策では重要なので、消すのではなく最後の方に付け加えるのがベターです。

記事の最初の読んで欲しい部分はシンプルに読みやすくして、その下に申込フォームや購入ページを付け、最後に補足で文字数を稼ぐと効果的です。

(7) 動画およびSNS埋め込み、自社制作コンテンツの埋め込み

当社調べ・比較のような自社制作コンテンツを記事に埋め込んだり、SNSを埋め込んだりするとGoogleのアルゴリズムが評価してくれます。

(8) 口コミ、レビュー系項目の挿入
(9) 文法や語尾など調整

記事内に購入者やサービス利用者のレビューを入れると効果的です。
最後に、ユーザーが見やすいように文法や語尾の調整を行ってください。

WEEK 12まとめ

  • ユーザ目線のSEO対策
  • 内部リンクを増やす
  • オフラインの活動の重要性
  • ロングテールキーワードを狙う
  • キーワード設定にはツールが効果的
  • フレームワークの活用