MUP WEEK 18【財務スキル-BS編】

MUP WEEK

WEEK 18の内容

  • 貸借対照表ってなに?

この疑問をお持ちの方へ。

財務諸表はいくつかの書類から成り立っており、財務三表と呼ばれる
「損益計算書」 「貸借対照表」 「キャッシュフロー計算書」の3つの指標が特に重要と言えます。

前回のWEEK 16.17では「損益計算書」についてまとめてあるので、是非ご覧ください。

今回のWEEK 18では、「貸借対照表」のことを全く分からない人でも理解できるように解説していきますので是非ご覧ください。
また、貸借対照表のことをBSBalance Sheet)と言ったりもします。


竹花貴騎

貸借対照表(BS)とは

貸借対照表(BS):企業の一時点の財政状態を表す指標

  • 期末時点で会社に存在する財産の状態を表す
  • 会社資金の調達と運用状況を表す

運用状況

資金を調達し、その調達した資金をどのように運用しているかを見るものです。
大きく2つに分けて流動資産固定資産があります。

流動資産:お金の回収が早い資産

  • 現金
  • 有価証券
  • 売掛金
  • 製品

固定資産:お金の回収が遅い資産

  • 建物
  • 土地
  • 車両運搬具
  • 機械

調達状況(負債)

銀行などで調達した場合、資金を返済する必要があります。
大きく2つに分けて流動負債固定負債があります。

流動負債:お金の返済期限が短い負債

  • 買掛金
  • 短期借入金
  • 未払金

固定負債:お金の返済期限が長い負債

  • 社債
  • 長期借入金
  • リース債務

調達状況(純資産)

純資産の中身は、大きく株主資本その他の2つに分けられます。

株主資本:株主の持ち分にあたる部分

  • 資本金
  • 資本剰余金
  • 利益剰余金

その他

  • 評価換算差額
  • 新株予約権

オリエンタルランドのBS

オリエンタルランドのイメージ

  • ディズニーランド運営だから土地建物が多い
  • 土地建物が多い=固定資産が多い?
  • ずっと黒字を出していて儲かっている会社
  • 信用格付けがAAだったから財務状況はいいはず

イメージからの分析

  • ディズニーランド運営だから土地建物が多い
  • 土地建物が多い=固定資産が多い?

上記2つから固定資産が非常に少ない③は違うということが分かります。

①か②に絞られましたが、ここで「流動比率」を用いて考えてみましょう。

流動比率:会社の短期的な財務の安全性の指標

流動比率の指標では200%が望ましいですが、日本では信用情報が発達しているので150%程度でも良いと言われています。
望ましい=売掛金の未回収リスクが少ない

  • ずっと黒字を出していて儲かっている会社
  • 信用格付けがAAだったから財務状況はいいはず

上記2つと流動比率で考えると①がオリエンタルランドだということが分かります。

このように貸借対照表を理解することで、その企業を分析することができるようになるので、今までとは違う視点で見ることができるようになります。

ちなみに②が東日本電鉄で③がミクシィです。

WEEK 18まとめ

  • 貸借対照表:企業の一時点の財政状態を表す指標
  • 貸借対照表:会社資金の調達と運用状況を表す
  • 流動資産:お金の回収が早い資産
  • 固定資産:お金の回収が遅い資産
  • 流動負債:お金の返済期限が短い負債
  • 固定負債:お金の返済期限が長い負債
  • 流動比率:会社の短期的な財務の安全性の指標