MUP WEEK 19【財務スキル-CF編】

MUP WEEK

WEEK 19の内容

  • キャッシュフロー計算書ってなに?

この疑問をお持ちの方へ。

財務諸表はいくつかの書類から成り立っており、財務三表と呼ばれる
「損益計算書」 「貸借対照表」 「キャッシュフロー計算書」の3つの指標が特に重要と言えます。

今回のWEEK 19では、「キャッシュフロー計算書」のことを全く分からない人でも理解できるように解説していきますので是非ご覧ください。


竹花貴騎

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書:現金がどの程度増減したか分かる指標

  • 営業活動:本業の営業活動で現金がどの程度増減したか
  • 投資活動:投資で現金がどの程度増減したか
  • 財務活動:資金調達と返済で現金がどの程度増減したか

上記のように、キャッシュフロー計算書は「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つに大きく分けられます。

営業活動:本業の営業活動で現金がどの程度増減したか

  • 商品を販売して手に入れた現金
  • 材料を仕入れるために支払った現金
  • 広告宣伝費などの販管費で支払った現金
  • 税金の支払いなど

営業活動は3つの中で最も重要

投資活動:投資で現金がどの程度増減したか


ソフトバンクグループの投資活動では、期首現金と営業活動の金額を上回る4.2兆円の投資をしています。

この場合、マイナスになることは問題ではなく、むしろ積極的に投資をして事業を拡大しているということなので理想的だと言えます。
また、下の図のように投資活動から投資規模 投資財源 投資先などもわかります。

財務活動:資金調達と返済で現金がどの程度増減したか


資金調達したらプラス、返済したらマイナスになります。
また、企業が上場した場合、財務活動CFが大幅に増えることが多いです。

これら3つのCFを簡単にまとめると下のような表になります。

8パターンのキャッシュフロー計算書


上の図の8パターンを理解することで、企業がどのフェーズにいるのかを推測することができます。
1つずつ説明していきます。

健全型経営:本業で儲かった資金で投資や借入の返済

攻め型経営:本業で儲かった資金で投資し、足りない分を借入

安全型経営:本業で儲かり、設備や株を売却し、資金も調達

治療型経営:本業と設備や株の売却で資金を得て、返済

勝負型経営:資金繰りが難しいが、借入によって投資

衰退型経営:本業で資金が流出し、設備の売却で返済

見直し型経営:本業で資金を流出しているが、投資と返済を実行

救済型経営:事業の積極的な売却

マネーフォワードのCF


ここまで解説してきた内容で上記の問題を考えてみてください。
いきなり言われても難しいので、まずはマネーフォワードの概要から説明します。

マネーフォワード概要

  • マネーフォワードはSaaS (Software as a Service)
  • 利用期間に応じて使用料を取るモデル (Excelのサブスクなどと同様)

マネーフォワード解説

  • ① 営業活動は赤字だが、さらに投資を続けている
  • ② 営業活動は黑字で、さらに投資を行っている

①の企業

  • 営業活動が不安定だが、投資を行っている
  • 営業活動を安定させるために、投資を行っているとも推測できる

②の企業

  • 比較的健全なキャッシュフローの動き
  • 営業活動で安定した資金を確保
  • 事業拡大のための設備投資をし、足りない分を資金調達

以上のことから①がマネーフォワードと言えます。
ちなみに②は武田製薬工業です。

WEEK 19まとめ

  • キャッシュフロー計算書:現金がどの程度増減したか分かる指標
  • 営業活動:本業の営業活動で現金がどの程度増減したか
  • 投資活動:投資で現金がどの程度増減したか
  • 財務活動:資金調達と返済で現金がどの程度増減したか