MUP WEEK 20【仕組み化スキル】

MUP WEEK

WEEK 20のテーマ

    人やお金がいらなくなる仕組みが経営拡大の最低条件


竹花貴騎

仕組み化とは

仕組み化:事業スピードと収益性を保ったまま拡大を行うための方法

「仕組みがある会社」「仕組みがない会社」では、大きく違いが出てきます。
「仕組みがある会社」は収益性を保ったまま事業スピードが早くなり、「仕組みがない会社」は人が増えると収益性は下がり事業スピードも落ちてしまいます。

モチベーションケア


事業で一番疲れるのは、人のモチベーションケアです。
例えば、前日に上司に飲みに連れて行ってもらってモチベーションが上がっても、次の日に彼女と別れたりしたらせっかく上がったモチベーションも意味ないですよね。

つまり、モチベーションは外部要素によって簡単に左右されてしまうものなので、これから起業する方には、特にトップダウンでの経営をお勧めします。

マニュアル化とタスク化


マニュアル化やタスク化を徹底することで、一人一人のモチベーションに左右されずに済みます。
コンビニやマクドナルドなども、仕組み化とマニュアル化が徹底されているので、どんな時でもいつも通りに働けるのです。

1000人を前提としたビジネス設計

ビジネスでサービスを提供する際には、1人に対してではなく「もしお客様が1000人だったら?」というスタンスで仕組み化やマニュアル化を設計することが重要です。

また、お客様に対して特別対応は絶対にしない方が良いです。
なぜなら一度やってしまうとキリがありませんし、会社が大きくなっていきません。
特別対応するくらいなら、そのお客様を断ってでもマニュアルや仕組みを優先した方が良いです。

営業の仕組み化

営業の仕組みが徹底されていれば、どの営業も平均して同じだけ数字を作れるようにできます。
つまり、トップ営業マンを生み出さないことができます。

動画で研修(新人研修/営業活動)

新人研修や営業活動に関して、動画を使うことで無駄を省いていくことが可能です。
例えば、新人研修の際にまず動画を配布しテスト方式にする事で、リモートで基本的な研修をすることができるので、時間の効率化になります。

クライアントに関しても人によっては、アポを取る際に数日から数週間待たされてしまうこともあります。
そこで、まず動画を送ることで時間の短縮クライアントの温度感が分かるので、効率化につながります。

マネジメントの仕組み化


マネージメントに関しても仕組み化しなければ、不効率になってしまいます。
自己実現は人によって様々なのに、同一のマネジメントを行なっている人がほとんどです。

3パターンの従業員

  • 安定目的:バックオフィス系の職種の人に多くみられる
  • 金銭目的:営業職に多くみられる
  • 自由目的:エンジニアやプログラマーに多くみられる

同一のマネジメントではなく、上記にしたがってマネジメントするのが重要です。
これらの仕組み化を徹底することで、人に依存しない組織を作ることができます。

WEEK 20まとめ

  • 仕組み化:事業スピードと収益性を保ったまま拡大を行うための方法
  • マクドナルドのようにマニュアル化やタスク化の徹底
  • 1000人を前提としたビジネス設計
  • 従業員に合わせたマネジメント