MUP WEEK 21【ビジネスを見つける方法】

MUP WEEK

WEEK 21のテーマ

    ビジネスを見つける方法

竹花さんが、なぜ起業して約2年半で資産80億円も築くことができたのか?
それは、いくつものビジネスチャンスを見つけ出したからです。

今回はその「ビジネスを見つける方法」についてアウトプットしていきます。


竹花貴騎

ビジネスを見つける方法

ビジネスチャンスはどこにでも転がっている

ビジネスチャンスは石ころ以上に転がっています。

人々は、なぜお金を払っているのか? 何に対して人々はお金を払っているのか?
それは「不」(=不満、不安、不経済的、不平等、不利益)に対してお金を払っています。

つまり、これらの「不」を見つけることによって、新たなビジネスチャンスを生み出すことができるわけです。

竹花さんがフィリピンで見つけた事例


竹花さんが実際に一部上場企業の海外拠点フィリピンで駐在員として0から1を作る新規事業開拓を行っていたときの話です。

この写真を見て何か「不」に気づきますか?
おそらく広告看板が多いことに気がつくと思います。


次に、上の病院の写真を見て、おそらく「病院が綺麗だなあ」と気がつくと思います。
これら2点から竹花さんは「不」を見つけ出し、フィリピンで新規事業を立ち上げました。

REVERSE FACT (裏側の真実)

SURFACE FACT

  • ① 広告看板が多い
  • ② 病院の待ち時間が長い
  • ③ 病院が綺麗
  • ④ 病院に高級車の乗り付け

竹花さんは、この4つの「不」に気づき、SURFACE FACT (目に見える表面上の事実)だけでなく、REVERSE FACT (裏側の真実)までWHYを突き詰めて考えました。

REVERSE FACT (裏側の真実)

  • 無駄な広告費だな (不経済的)
  • 待ち時間長すぎるな (不満)
  • 貧乏な人多いのになあ (不平等的)

病院内に広告看板

クライアントに対して解決できる3つのこと

  • (1) 効果の効率化
  • (2) コスト削減
  • (3) ブランディングアップ

(1) 自分の必要なターゲットにのみリーチできる


マス広告でターゲットにリーチできるのは一部ですが、広告費は実際にどれぐらいの人にリーチできるかで決まっているので、マス広告は全員にリーチした分の広告料を払うことになります。
そのためテレビCMや広告看板というのは非常に高額なんです。

マス広告に対し、竹花さんが行ったMEDICAL ADSはターゲットに対しダイレクトリーチができます。

なぜなら、フィリピンの病院は高級車が乗り付けられている(お金持ちが集まる場所)ように、例えばクライアントがお金持ちに対して広告を出したいのならば、病院に広告を出せば確実にリーチすることができるわけです。

またピンポイントでターゲットに対しダイレクトリーチをすることができるので費用も抑えることができます。

(1) タイムボリューム (View Time) = 教育広告


また、効率化という観点でタイムボリューム (View Time)がマス広告とはかなりの差があります。
当たり前に広告を見る時間が長ければ長いほど、教育的な広告ができます。

もし車で広告を見たとして、5秒見れればいい方ですよね。
ということは広告としては情報の与えられない看板になってしまいます。
実際に車で広告を見てもその広告がなんの広告かよくわからないということはよくありますよね。

一方で、病院に企業のしおりやパンフレットを置くことでタイムボリュームが長いため、じっくり読んでもらうことができます。
つまり教育広告になるということです。

(2) 広告コストの削減


 

(3) 病院に置くことで広告看板よりもブランディングアップ


例えば、病院でレッドブルが売られていたりしたら、「実は体に害がないんじゃないかな」って思っちゃいますよね。
あとはドクターという名前をつけることによってブランディングアップになっています。
例えばDr.PepperDr.Cilaboです。

この事業を成功させるためにとった戦略

  • ① 無在庫商法
  • ② 独占契約
  • ③ 競合排他

① 無在庫商法

「クライアントが決まったらスペースを売って欲しい!」
いくら契約してもクライアントが決まるまではお金がかからない仕組み

② 独占契約

「弊社意外にはスペースを貸さないで!」
独占契約することで他社に入られないようにすることができる。
また、病院からしても思ってもない収入源になるわけで、実際にマニラの4000~5000クリニックの契約を取ることができたそうです。

③ 競合排他

「スペースが限られているから、買わないなら他社に売るよ」
年間契約にすることで経営が安定し、競合が参加しにくい。

新規事業を始めるときに重要なこと

  • 新しいものを探すな
  • ターゲット層を絞るな
  • シード (種)はどこにでもある

新しいものを探すな


現代は情報に溢れているため、新しいものを生み出すことは不可能に近いです。
だから今ある情報と情報を掛け合わせて考える必要があります。

ターゲット層を絞るな


「ニッチ戦略」と「ターゲットを絞る」は異なります。
つまり、ターゲットを絞らずにニッチ戦略を取ることが重要です。

シード (種)はどこにでもある


「不」を見つけることによって、新たなビジネスチャンスを生み出すことができます。

WEEK 21まとめ

  • 「不」を見つけることによって、新たなビジネスチャンスを生み出せる
  • REVERSE FACT (裏側の真実)までWHYを突き詰めて考える
  • 新規事業を始める時は今ある情報と情報を掛け合わせて考える
  • 「ニッチ戦略」と「ターゲットを絞る」は違う